03. 電子制御工学科の教育

電子制御工学科で養成する人物像
 
 情報、電子、通信、制御系の技術革新は目覚しく、特に、最近のコンピュータ応用分野の急速な発展に対し、情報やシステム関連の技術を支える実践的技術者の育成が求められています。本学科では、情報とシステムのハードウェアとソフトウェアの両方の基礎的知識を体系的に身につけることにより、高度情報化社会の技術変化に柔軟に対応できる、理解力と創造力を持った人材の育成を目的としています。この目標を達成するために、以下の具体的な教育目標を定め、教育を行っています。
 

(1) 電気電子、情報、システム・制御系分野の工学基礎を身に付けた技術者

(2) システムのハードウェアとソフトウェアに関する実践的な技術を身に付けた技術者

(3) 身につけた専門基礎知識・技術を総合し、応用できる能力を身に付けた技術者

(4) 実験・実習や調査・研究内容などを記述し、報告できる能力を身に付けた技術者